アナタハ シリタイ デスカ?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
坂道のアポロン 結局一回も見なかったが
書店での薄いブックレットでのお試し版は 少し面白かったような。

正直たくさんアニメはやっているが 実際に観る前に 
その存在を知らず 今まで興味がなかった人にも
それぞれの作品の魅力を きちんと解説紹介する メディアパートが不在だと思う。

アニメ雑誌?やはりかなりファンのためのものという 感覚が強い。
もっと それほど興味がない人でも、ツイッターの文章量ぐらいで
的確に魅力を伝えマッチングさせることが必要なのだ。

それはおそらくゲーム業界も同様だろう。
熱心に自力で情報を集めていくマニアのためだけの 
広報と宣伝で大半は終わっている。

そのジャンルの総合情報メディアとして 雑誌が信頼性トップなのは理解できるが、
今雑誌というメディアは、ファンを自覚・自認している一段階興味の強いユーザーしか手に取らないものになっている。
特に若者らは ニコ動をはじめ ネット中心で情報を仕入れる。
まず最初にネットで調べて 多少不足でも 次の情報をまたネットで調べる。
ネットで始まり ネットで終わる こんな情報洪水環境なのだ。

でなければ 便所の落書きと揶揄された2chのまとめサイトが
利益を稼ぎ出すほどの あれだけの賑わいにはならないだろう。

それでいて
2chの ゲーム速報にしろアニメ漫画速報にしろ
ほとんど更新されない板になっているのはでたらめな状況だと思う。
きちんとステマをすべきだろう。
5:49 2012/03/07
しかしまぁ 一頃はiTunesを開いてはappストアをよく覗いていたが、
最近ほとんどアプリをチェックしなくなったなぁと。
売れ筋をチェックしても フォトデコの機能強化アプリとか 定番ソフトの改良版ばかりが目に付く。
自分にとって必要なアプリは だいたい出揃っていてゲットしたと感じている。

ゲームもこれからも色々出てくるだろうけれど、
このパッドなしの小さい画面での新感覚ゲーム体験は 一通り遊んで 
物珍しさや新規性も一周して 自分としてはだいたい満足したかなと。

自分としては 手慰みのゲームで遊ぶより、
本読んだり ツイッターなどで発信したい しなくてはならない状況でもあるので。

しかしまぁ、携帯ゲーム機よりも 必需品度は上で 常に携帯しているハードで
コンシューマ据え置き・携帯ゲームソフトより 格段に安いゲームアプリの価格で提供されていれば
世の大半の人は 慣れ親しんだゲームで遊んだりすることが普通に楽しくて、
きちんと継続して購入してくれると思う。

ゲームの中に新しさを過剰に求める自分は少数派だと理解している。


課題は 「アプリを購入してスマホで遊ぶというスタイルが 一般のライト層にどの程度定着するか?」だろう。
鍵は 遊んでいる人同士での 実社会でのコミュニティ・コミュニケーションだと思う。

実社会での社交の道具や 他者との共通言語とならない 自分だけの楽しみとしての 遊びは
価格崩壊と ユーザー減少が 諸々甚だしくなっていると感じる昨今

→16:27 2012/03/07
コミュインフラの 設置と管理かな
twitterで iPhoneゲームアプリのニュース提供者リスト作る 作らせる 作り方・使い方教えるとか 
そんなのでいいのかなと思う
粘膜人間 読了 うーん これは・・・

同時期のホラー短編賞とった トンコ という子豚が主人公の作品では 
どっぷりと作品にハマり感情移入して しんみりとした涙を自然に誘われてたので

キャラのぶっ飛び具合といい 感情移入できるキャラが一人も出てこない こちらの粘膜人間は
読み始めて早々に漫☆画太郎先生のギャグマンガチックな作品として自分の中で変換されていった。

河童の兄弟が惨殺されるところでは 「はうあっ!?」と何度も叫んでました。
去年の11月頃からニコニコ動画の生放送にハマっている。といってもまだ視聴するだけだが。
割と早い時期にアカウント登録だけはしていたはずなのだがそのパスが見つからず、ずっと放置になっていた。

が、アナログ放送終了後のテレビが見れなくなっていた間、環境映像的につけっぱにしておくものとして
ちょこちょこ見ているうちに自分好みの面白いものを見つけた。→ニコ生岡田斗司夫ゼミ
マンガ夜話やレコーディングダイエットでおなじみの論客である岡田さんが
視聴者の生コメントを絡めつつ時事ネタや社会論などを打つのだが、これがめっぽう面白い

こんなエンターテイナーになりたいと思う
やっぱり自分はラノベ合わないんだなぁと再確認する時間となった。理想像としてのヒロインキャラとボケ突っ込み繰り返す会話主体のドラマに面白さを感じられない。ラノベという言葉もまだなかった?時分のアニメのブギーポップが原体験として格別に面白く記憶に残っているのでどうしても比較してしまう。
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 ワタシハシリタイ all rights reserved.
プロフィール

ワタシハシリタイ

Author:ワタシハシリタイ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]

1983位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
603位
アクセスランキングを見る>>

知りたがりさん

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。