アナタハ シリタイ デスカ?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新年度の元旦4月1日の話。
12時ごろにのそのそと起きて茶を沸かしテレビを点けた。天気のいい日曜の昼間、あえてNHKの のど自慢 を観てみた。

ニュースを見れば殺伐とした事件ばかりの昨今だが、そんな時代だからこそなのか自分はこの番組が嫌いじゃない。

たださすがに昔はあまり好きではなかった。
その街に住む見ず知らずの人同士が集まってどこかの誰かの歌を聞いて手拍子で合わせている感じが嘘臭かった。
違和感を感じていた。

しかし世が世、時代が時代なら、
歌好きで人の前で何かをするのが好きな人らであれば同じ街に住んでいればもう既に面識があったり、どこかでの縁があっても本来おかしくない筈なのだ。
そこに違和感を感じたのは、街の中での世代を越えた人の縁などというものが想像も出来ないくらいほぼなくなっていて、作れなくなっている時代であると子供ながらに無意識に感じ取っていての反発だったのかもしれない。
地方であっても都市での人同士のつながりは、会社や学校により分断完結しているというのがこの時代のデフォルトの感覚ではないか。


のど自慢に出て歌っている人らは、
その街に住む、歌が好きな、きっと絵に描いたような善良な人らで、その社会に集う場があれば、この番組への出演を機にこれからも集まって歌うようなことがあったのかもしれないが、おそらくはこの番組でのこの舞台が今生で最初で最後の縁になるのだろう。

____________________________________________________________________

観たのは大分昔のことになるが
井筒和幸監督の映画 のど自慢 ではそれぞれのキャラクターによる街の風景の共有とか、歌い手のそれぞれが思いもかけない人の縁でどこかでつながっている感じなどが、もっと織り込まれていてもよかったのではないかなぁ。

ありふれた地方のとある街での、ひょっとしたら現実にあるかもしれないそれぞれの人生と生活の描き方は好きだったけど。

_____________________________________________________________________

以上のような感覚と想いの反映もあってか地域の伝統の祭りというものへの関心が自分の中で高まっている。
尊く、稀有なものだなと。
人を結びつけるワークというものの重要性を昔の人らはどこで誰に教わったのだろうかと。

それにしても
岸和田のだんじり祭りとか
天神祭りとか
東北の奇祭とかでもいいけど
映画の題材として地方の祭りが使われたものを全く観たことがないのだが
これは偶然ではないだろう。

地方や地域のつながりというものは、
メイソンの戦後の中で滅びゆくものとしてしか描かれなかったのだ。
スポンサーサイト
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 ワタシハシリタイ all rights reserved.
プロフィール

ワタシハシリタイ

Author:ワタシハシリタイ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]

1983位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
603位
アクセスランキングを見る>>

知りたがりさん

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。