アナタハ シリタイ デスカ?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とある事情で 縁のある人から facebookをお勧めされた

自分も映画ソーシャルネット観てFB創業者にシンパシー感じるところはあるし、
以前からメディアで取り上げられてて気にはなっていたのだが FBの良さがいまいち伝わってこない。
mxiが先行してここまで普及した日本で あえてフェイスブックをやるメリットって何なのか?
まぁ僕はmixiもほとんど放置状態なのだけれども。


SNSの面白さというのは
自分の知人や 好きな人が やってるかどうかが大きいだろう。
そして、入会のモチベーション高めるには
気になる人が参加していることを 自分がそこにまだ入会しなくても知ることができて、
外からその面白さを見れるかどうか が必要じゃないか?
twitterもブログも サービス未加入でも見れて、
アイドルやお笑い芸人、漫画家など著名人の興味を引く書き込みをすぐにみつけられる。


ではmixiの場合はどうだったろう?
外から見ることはできないが なんか楽しげで可愛い感じは 自分が入会する前から伝わってきていた。
今のニコニコ界隈も同様だと思う。

さらに mixi全盛期は 誘ってもらえないと入れない あの選ばれた感じも当初プラスに作用していた。
facebookは アメリカで アイビーリーグの高学歴学生達の間だけで、
ステータスを象徴するプレミア感を演出しながらまず広まった。
一方で 日本のmixiでは 招待してくれる友達のいる人だけが入会を許されるというシステムが、
友達の輪に入れてもらわなくては(友達のいない奴だと思われてしまう)と捉える
日本人の同調指向にプラスに働いたのだろう。


で 正直日本のfacebookって 誰がやってるのかも面白さも可愛さも 本読んでも何も伝わってこない。
企業に向けての? 便利って言葉だけは目にする。
「なんかかわいい感じ」は日本で先行しているmixiの方が 断然上だと思う。
facebookが それを覆すというか オリジナル、超える部分は 何になるのだろう?

実名と顔写真出すことをfacebook登録の必須条件であるとエクスキューズして、自分の経歴を自慢できる?



コミュニケーションサービス&ツールをざっと比較してみる

twitterはとにかく発信が容易 
関係性作りも
こちらから積極的にフォロワーになっていけば 先方もフォローしてくれるのではないか。
(自分はあまり誰かをフォローしないのであくまで憶測だが)
お知らせのメディアとして 最適だと思う。
自分は ここからブログに誘導していくための場所として捉えている。
(一度も誘導したことはないけれど)

ブログは 
時系列で発信した情報を 多ジャンルにわたって整理分類しながら ずっと残すことができる。
検索で来訪してくれた人をもてなす城のような役割だろう。
商売なり論戦なりを営む人にとっては戦艦みたいなものかな? 


mixi、facebookなどのSNS
実際に出会う 集合するための関係を作っていく そのための場所というかツールだろう。
意見などを声高に発信する場所というイメージではない。
中心となる 人やもの、コト の周りに集って、
そのファン同士でつながるための 関係を可視化する仮想空間といった感じではないか?
(全然使えていないので憶測です)


ニコニコは
作る人、パフォーマンスする人 が発信して 
それを眺めて みんなでキャッキャ楽しむ場所。
文章読まない人に対しても 訴求力がある。
面白動画クルージングは コメントon動画で 
簡易コミュニケーションをしている感覚を味わえる時間になった。
企業の新商品情報(特にゲームなど)はもっとここにアップされるべきだと思う。

エルシャダイがニコで全面推しされて あまり芳しくなかった前例があるけれど
あれはネタとしてウケただけで 正直ゲームの面白さや魅力は伝わってこなかった。
(自分はその当時ニコニコを見ていなかったけれど)
さらに美麗なキャラと画面を売りにするなら 何故女性キャラをメインに据えなかったのかと詰問したい。
ゲームユーザー ニコニコユーザー共に (美少女・美女キャラに萌える)男性の方が絶対的に多数派だろう。
綿密に書き込まれた中途半端にムサい感じのおっさんを 色々な角度から眺め回したいとは 少なくとも俺は思わない。

とまあコミュニケーションサービス&ツールを
自分流の解釈でバッサリと斬ってみた。
自分も少し血が出ているのはご愛嬌。

かように 最近のネットでのコミュニケーションサイト&ツールは盛りだくさんだ。

その中で 自分個人としては
セカイカメラというものが 莫大な可能性秘めてると感じていて注目してるのに
あまりにもフィーチャーされていない。

そんなわけで次回はセカイカメラについて思うところを書く。
スポンサーサイト

パソコン 牛丼 テレビの価格が下がったのは
機能上昇して 生産性上げて コストカットしての 企業間競争の結果だろう。
市場のマネー供給量を潤沢にしたところで 物価に反映されるか?
ましてや 労働者の給与に反映などすることはないと ここで断言する。
_________________________________________________________________
物価が下落という一方で ブランド商品とか 買えている人はいるわけだろう?
(まぁ 昔ほどブランドものの売れ行きよくないような気もするが)
マンションとか? 
この地震の影響とか 発生予測ある中で 人生設計と購入計画見直しするよ。
そんなマンションの価格を金融政策で上げる気?
(勢いで買うものだから 大丈夫?)
結局国策で 市場のマネー潤沢にして 価格吊り上げたいだけちゃうんか

インフレでうれしいのは 物も作らず 金だけ動かしている連中だけだ

市場マネーは 実体経済にはむかわない
まずたっぷりと 金融商品市場で 楽しく遊ぶだけ
_________________________________________________________________

投資という名目で投機を生業にしている人らが 色めくだけだろう。
しかし 上の側での活発な取引などが 下の方にトリクルダウンとして全く普及しない。

若年者の不安定な雇用などは 既に構造的な問題であって 景気循環的なものではない。
好況が安定的な雇用などには結びつかないことは この10年間で証明済みだ。

国内外の不安定要因山積みしている中で
構造的にあがることのない物価を 数値目標にして 
市場へのマネー供給だけは 確実に行われる状況が これからやってくるのだ。
それは誰のためなのだろう?

製造業の電気料金問題などもある中
本当にインタゲが有効などと考えているなら狂気の沙汰だ。

前提となる状況は 一年前の3.11に変わっている!!




まぁマネーの供給量を増やすための方便なのかな。
事態は最終局面を迎えている。
新しい世界へ向けての 体制変更を迅速に遂行しなければならない。
戦略は世界観から発生する そして世界観とは物語だ
__________________________________________________________________________
戦略は状況認識から 状況認識≒世界観か
状況認識は最初から 何に対しての状況か どの次元で見るべきか 固定されている

対して世界観は 今この世界を どんな次元で切り取り捉えるかという問答だ

__________________________________________________________________________
日本に戦略がないとしたら 日本全体を貫く物語=世界観が欠如しているのだろう
世界観から戦略は起こる
世界観を胸に抱きながら 現実の世界を俯瞰したとき 世界構造の概観が目に映り 
目的と目的までのルートが 浮かび上がってくる
今現在の 目の前の力と構造が全てとする現実主義では
その力と構造の そもそもの意味が分からないだろう

自分はマルキストというわけではないが
マルクス主義は近代を代表する物語であり 世界観だった
これに感化されたインテリたちが 闘争を繰り広げたが 
資本主義の恩恵に預かれていた時代に 闘争の意味は薄い 学生の間だけの熱病だった人ばかりだろうけれど、
労使協調路線 組合への配慮などの形として 時代としての成果はあったのではないかと思う

そしてまた 東側国家だけでなく
マルクス主義という世界観に対する カウンターとなることを意識して
日本をはじめ 先進資本主義国の支配者は運営していたはずだ

社会共産主義という言葉は バラ色のファンタジーの世界を意味していた
その国の外にいて 現実を知るまでは だが
これに対抗する形で アメリカドリーム という言葉が 再度謳われ
同盟資本主義国への憧れを煽り掻き立てられた

_______________________________________________________________
ビジネスでの成功などが この時代のアメリカンドリームだったのだろうが
本来は 権益が主張されていない 土地に埋蔵する資源などを 
資本によって個人が独占しての一攫千金を 指していたのだ。
__________________________________________________________________

しかし20世紀を目前に
冷戦終了 アンチテーゼ・カウンターとしての 社会共産主義が消えて
追いつくべきアメリカをも経済力で追い越したのに
戦後粛々と積み上げてきた 富と稀有な労使観・モラルを 
グローバル化の波をかぶる前に バブルの後始末の中に溶かし込んでしまった


新しい 日本全体の利益 目指すべき物語=統合戦略のないまま、
かつて目指す方向が明確だった キャッチアップ・高度成長時代の 中央集権的政治体制を 
既得自省権益守株を優先し温存 省庁の壁を越えないセクト化された官僚主義 
そしてその下にある
内閣総理大臣という意識統合体を コロコロと挿げ替える政府を頂く
統合失調症状態の 迷走国家日本

みんな とりあえずの寄る辺が欲しくて 
しょーもないウヨクや 否定するだけのサヨク に流れたり
商業作品のフィクションに埋没してやりすごそうとしている


ずるい大人は言う 
自分の人生だけを見ていろ 足元だけを見て 
これまでの道を踏み外さないように歩け

FUCK!
この国に必要なのは 時代にそぐわない統治体系の更新と 全ての物語を飲み込む新しい物語だ

ちなみに 宗教も 物語であり 世界観だ
人間のためというよりも 魂のための

注意!以上の話はステマです!
トウガラシ成分を蒸気にして吸い込むという方法なのだけれど
それに適したいい道具がなかなか見つからなくて お勧めできませんでした。
この冬それにピッタリのいい商品を見つけたので 合わせてお勧めします。


これです TIGERの だいたい5000円ぐらいでした

この製品は 内側が電気ポットのように広々としていて 
他の一般の加熱型加湿器のように変にごちゃごちゃしていないので
鷹の爪=トウガラシをそのまま投下できるのです。



カプサイシンを含んだ蒸気を 呼吸粘膜から直接吸収することで 体全体が熱くなります。
慣れないうちは 刺激が強くて 咽込むこともあります
トウガラシの種類や状態によっても 辛さがかなり違うので
最初は 噴出し口の上に 置くことからはじめて様子を見てください。



トウガラシの状態や 吸い込む人の感度によっては それだけで効果があります。
しばらくすると まず顔がカーッと熱くなっていくのを実感できると思います。

赤ちゃんなどのいる お宅では 注意の上お試しください

カプサイシンによってアドレナリンが分泌され 
脂肪が分解されエネルギーとして消費されだすので
これを吸っていると 食欲が減退します。
むしろビタミンやミネラル、必須アミノ酸などを摂取するためにも
意識してきちんとした食事を摂るようにしてください。

ちなみにこれにはかなり強力な冷え症改善の効果があります。
特に家の中でも指先が冷えるような、冷え性の人は顕著に効果を実感できるでしょう。

そして何より
これの一番すごいところは 
カプサイシンを摂取しまくっても肛門が熱痛くならないところです。
ダイエット効果を期待して激辛料理を食べた後の ヒリヒリと熱痛い肛門の克服は人類の課題でした。
人類の悲願が 今日この日叶ったのです。


最後になりますが、カプサイシンがダイエットに効くメカニズムについては常識なのでここには書きません。自分で調べてください。

嘘です。

ざっくり書くと
カプサイシンをとる→
アドレナリンが出る→
脂肪分解リパーゼが出る→
脂肪を遊離脂肪酸=エネルギー(燃焼できるカロリー)に変えて→
消費することができる
というものです

※注意
大阪都構想を唱える大阪市の橋下市長と、
大阪都にするための府と市を統合させるためのチームのお話です。


橋下市長の手腕を強引などという向きもあるが、
今回の対立を他人事のように判官贔屓的視点で眺めている場合ではない。

非効率な体制を温存しようとする行政組織など、
社会に不利益を供する悪い側がマジョリティになっている可能性のあるとき、
その多数派が作ろうとする場の雰囲気に飲まれてはいけない。

現在の大阪市の形を守ることで垂れ流すことになるコストと、
大阪都構想実現により大阪がなりえる姿の可能性を、
大阪市民のみならず、国民は思い描き、リスクを検討しながら比較して判断を下すべきだ。

橋下市長を批難する側の論点にじっくりと注目して欲しい。
現状を改善するための対案は出しているのか?
現状に対して問題認識はあるのか?
彼らが本当に守りたいものは何か?
真意を隠しての抵抗しかしない側は、例え何十年かけても代案を出すことすらない。

今この国で変革の可能性を国民自ら潰したとき、それは日本の未来の死を意味している。
大阪、そして日本、ひいては世界の未来を決めるのはテレビやPCの前の貴方たちだ。
状況の中の真実こそを見極め、本当の世論を自ら作る必要がある。

去年の秋になるが「探偵はBARにいる」を映画館で観てきた
主演の大泉洋のいい意味での温かいとぼけた感じが生きた
面白いハードボイルド作品だった。

印象的だった情景として
なかなか来ない電車を 昭和のような待合所でじっと待つ主人公 外には雪が降りしきる
というシーンがあった。

一面の雪の広い大地の只中で 春の訪れを信じて待ちながら 辛抱強く生きる
北海道の人の生き様が 垣間見えるような 象徴的な場面だった。


ここ最近の豪雪のニュースを頻繁に見ているせいか
気づくとYouTubeなどで演歌の動画を眺めている。

演歌の魂の故郷は雪国だ。

演歌が受け入れられた昭和の時代
世の大人たちは 東北人のように生きていた。
今の生きている場所 仕事でどんなに辛くても 
いつか春が来ることを信じて 一所懸命に生きる 北国の人のように。

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 ワタシハシリタイ all rights reserved.
プロフィール

ワタシハシリタイ

Author:ワタシハシリタイ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]

1983位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
603位
アクセスランキングを見る>>

知りたがりさん

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。