アナタハ シリタイ デスカ?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
体制維新――大阪都 (文春新書) 橋下 徹

政治が危機的状況を迎えている 今この時に 
過去から続く現状と これから選択できる未来を正しく知るために
本当に必要な本を読むことができたと思う

マスコミの橋下バッシングにのりはしなかったが
自分もこの本を読むまで 政治家になってからの橋下さんのことを
「耳目を集めるためか知らんが もっとソフトに論を張ればいいのに」
ぐらいに思っていたが 認識を改める

橋下さんが闘っていたものとその戦い振りを、
現場での苦闘が想像できるぐらいに 理解できた

もし日本が変わるとするならば
組織変革という戦いに挑み続けながら 協調し運営し実績を上げた 橋下さんが 今ここにいる この大阪から以外なく
もしもこれで 大阪都構想が頓挫すれば 
間違いなくこの国は沈むだろう

日本の先行縮図としてのこの大阪で
大阪市の裁量を 新しく区分けされた市内の自治区に再配していくという
地方分権改革の精巧なミニチュアを完成させ その実効性を国全体に示す以外
国民は道州制や地方分権の意義を想像もできないまま 
既得権益を外される官僚はマスコミも総動員で潰しにかかり
有権者が具体的な果実のみを欲しがっているように書き立て煽り 
道州制も地方分権も ただの画餅であるかのように イメージ誘導し
民意という追い風がひとつも吹かないまま 何も進まず
消費税増税か否かなどという なんの政界再編も促さない くだらない次元での選挙が繰り返されるだけだ

大阪府民のみならず日本の全ての耳目を 一時この大阪に集め 国民全体に大阪都構想を想起してもらおう
変化が完全に起こってから理解したのでは 日本変革に遅すぎる 

それにしても不思議なのは 民法アナウンサー出身の 前市長平松氏が
何故ここまで 肥大硬直化した既得権益を保守しようとする 
大阪市役所の完全な利益代弁者になっているのかということだ
役人出身とかなら分かるが 任期だってそこまで長かったわけでもないだろうに
スポンサーサイト
2chの実況スレにもあったが まさしく橋下側のワンサイドゲームだった。
氏のプレゼン能力の高さに舌を巻いた。
投票権はないものの大阪市に住む 一視聴者としての自分から見れば、反橋下サイドからの重箱の隅をつつくような揚げ足取りの口撃にもまったく表情を変えず、噛んで含めるように説明する橋下氏がプレゼンターとして一枚も二枚も上手であることを見せ付けるために用意された舞台かと思った。

今回の朝生が橋下大阪市長の大阪都構想の回であることを知る前に
こちらの本 を買って読んでいた。

大阪 ひいてはこの国そのものが抱えている問題と 橋下氏の問題認識力、
それを打破するための 氏の構想と 構想力、
そしてそれらを着実に実行に移していく 行動力と組織運営能力の高さが本当によくわかる。

手法と方向性は違うかもしれないが、
構想力のスケールや実現化させていく行動力において 田中角栄レベルの存在になるのではないかと唸らせられた。 唸らされた?
粘膜人間 読了 うーん これは・・・

同時期のホラー短編賞とった トンコ という子豚が主人公の作品では 
どっぷりと作品にハマり感情移入して しんみりとした涙を自然に誘われてたので

キャラのぶっ飛び具合といい 感情移入できるキャラが一人も出てこない こちらの粘膜人間は
読み始めて早々に漫☆画太郎先生のギャグマンガチックな作品として自分の中で変換されていった。

河童の兄弟が惨殺されるところでは 「はうあっ!?」と何度も叫んでました。
俺は世界の秘密を知っている。数千年の歴史がひっくり返りかねないすごい情報だ。
2012年12月22日で世界が終わる云々のマヤ暦予言が喧しいが、
俺がこれから今年一杯かけてリークしていく予定の情報に関係していると思う。
情報の出所はフリーメイソンの方から来た人だ。
成りすましの可能性もたぶんにあるが真偽の程はこれを読む皆さんで判断して欲しい。

全ての始まり、というか
世界そのものの構造に対して自分の中で認識を大きく変えることになった時期は数年前の冬からになる。

俺はとある出来事をきっかけに、
超能力者とテレパシーで会話して、動物の怪我を気の能力で回復させ、
自分の体に別の意識を入り込ませ、諸々のアイデアが湯水のごとく湧き、
神社仏閣に住まう神仏と念によって対話し、
10年来気にかけていた同級生からテレパシーで求愛を受けた。

俺自身にとっては
突然であり 偶然であり 運命を感じる
そんな一連の出来事だったが

全てが計画だったと知るのは もっとずっと後のことだった。
去年の11月頃からニコニコ動画の生放送にハマっている。といってもまだ視聴するだけだが。
割と早い時期にアカウント登録だけはしていたはずなのだがそのパスが見つからず、ずっと放置になっていた。

が、アナログ放送終了後のテレビが見れなくなっていた間、環境映像的につけっぱにしておくものとして
ちょこちょこ見ているうちに自分好みの面白いものを見つけた。→ニコ生岡田斗司夫ゼミ
マンガ夜話やレコーディングダイエットでおなじみの論客である岡田さんが
視聴者の生コメントを絡めつつ時事ネタや社会論などを打つのだが、これがめっぽう面白い

こんなエンターテイナーになりたいと思う
以前にこのブログに書いた、ここ近年のゾンビ映画についての考察を読んでくれた人からであろうメッセージをもらった。銃=兵器を持っている少数側と持たない多数側の隠喩なのではないか、と。政治的に孤立して、世界で自分たちだけになっても武装篭城の果てに夜明けが来ると信じたいのではないか、と。
やっぱり自分はラノベ合わないんだなぁと再確認する時間となった。理想像としてのヒロインキャラとボケ突っ込み繰り返す会話主体のドラマに面白さを感じられない。ラノベという言葉もまだなかった?時分のアニメのブギーポップが原体験として格別に面白く記憶に残っているのでどうしても比較してしまう。
140字もあれば大体の出来事は感想含めて報告できる。文字数が限られている分話が広がり過ぎないで簡潔にまとめられる。まとまりのある文章はもう書けるようになっているだろう。重要なのは毎日短時間で発信できるかどうかだ。まずは一週間それを続けることから始めてみればいい。
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 ワタシハシリタイ all rights reserved.
プロフィール

ワタシハシリタイ

Author:ワタシハシリタイ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]

1716位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
539位
アクセスランキングを見る>>

知りたがりさん

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。