アナタハ シリタイ デスカ?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
19:25 2013/05/07

★超会議での思いつき

●言論コロシアム 創価公明党ばなし

自分は創価学会員というわけではないが
巷(俺にとっては2ちゃんねるとか)では 叩くことがデフォのようになっているので
あえてフォローする。

戦後の社会が組織を 企業しかイメージできてないから
経済格差のある集団を特殊にみているのかしれないが
カトリックとかだって幅広い階層の人たちが 一つの教団に属しているだろう。

苦しみからの救済を求めて多くの人は宗教の門を叩く。
人生の中に数ある苦しみの中での 経済苦を感じている人は少なくない。
貧しい信徒もいるだろう。
その一方で
経済的裕福さが全ての苦しみを霧消させるものでもない。

苦しみだけが入信 信仰の動機ではないだろうけれども
創価学会信者の中で経済格差があるのは 社会の縮図というだけの話だ。


俺が創価公明で問題というか、問いたいのは
自民党の原発継続路線に 
また東電の原発事故や 避難民への対応などに
創価公明はどのような立場なのかということだけ

ひとたび何かあれば 先の福島でもあれだけの甚大な被害
一世代では終わらないかもしれない 人類規模の災厄をもたらすものを
宗教的見地から どのように考えているのか
そしてそれを 政治の面でどのような立場をとるのか だ


●ニコニコ論壇 ヘイトスピーチ

戦後の希望は 経済成長 経済大国という自負
社会的なつながりも 会社中心で
それが一転 経済閉塞
会社との関係の変化
寄らば大樹意識から 帰属意識のよりどころとして 国家を意識しだした部分も あると思う


そしてまた
ゴー宣 従軍慰安婦論争読者世代 として言わせてもらえば
マスコミまでもがグルになって むしろ先導して日本バッシングをしていたこと
大きく裏で糸を引いていたものの存在があり
そしてそれは今も 黙殺とレッテル貼りでの 相変わらずの口撃を仕掛けてくる
気づきからの なにかせねばという焦りと怒り

それらの心情は理解できる部分もある

反日教育を施され
日本との過去現在に嫌悪を露骨にぶつけて来て
特別な手当が支給され
際限のない謝罪を請求してくることに対しては
毅然とした対応を取るべきだ

というのが私の思想信条だ

それでも
己こそが愛国者であると称して 極端な排外主義的な暴論を唱える連中の言説扇動に乗せられて
在日の人ら全てを一緒くたにして 侮蔑の言葉をネットなどであってもぶつけるのは間違っている。

在日の人らの主張への物言い全てが 一顧だにする価値のないものだ
と、中立を装った特定の意図を持つ編集者に恣意的にまとめられないようにするためでもある


なにより 万民が万民の敵に なるように仕向けられた 情報状況であることを自覚して
未来志向の 関係性を 在日の出自の人らとも 築けるようにしていくべきだ。

これは 第三者からの視線と認識を意識してのものだけではない。
明治以前 アジアは互いに悪くない関係を築けていた
そこを帝国主義植民地支配真っ盛りの西洋列強によりこじ開けられ 戦争の外世界に接続されたのは
それさえも吸収し内側から世界を変える使命をもってのことだったと考えている

____________________________________________________________________

一方的被害者であるといい募り
マスコミを支配下に置き
徹底したメディア洗脳をしながら
根回しをして第三者を味方につけ
自分たちの言い分に疑義を呈するものは 人種差別者のレッテルを貼って 
言論を封殺されるよう 法律さえも変えるように
政治をコントロールする

これがユダヤ方式で 韓国在日のやっていたことはこれの模倣なんじゃないのか?
どこまで自覚的だったのかはともかく

____________________________________________________________________

●ニコニコ論壇 福島原発観光地化計画 
観光→修学へと
言葉は置き換えられるべきだと思う。
観光旅行ではなく修学旅行だ。
大人になって自らの意思で学ぶことこそが 本当の学びであり 学を修めるということである

歴史と社会を正しく学ぶことこそが、先人たちの魂の慰霊であり鎮魂だ。
人類としての普遍的な歴史観とは汎宗教的世界観を内に宿すことと等しい。

社会と文化が 人間という器を作る

魂を正しく鎮められる
神へと帰す器を
作り出すことに
その社会、文化は
貢献しているだろうか


●超会議でなかったもの

麻雀
武道
自転車バイクの車載


十分認知されて王道になってるってことか?

スポンサーサイト
漫画家 幸村誠の作品にプラネテス というものがある


資本による資源の独占と 都合の悪いもの(=ゴミ)を物言えぬ者(=宇宙)へと押し付けるという 現在の原理 世界秩序
これは宇宙にまで もって行くべきものなのだろうか
もっていけるものなのだろうか

それ以前の 絢爛舞踏祭から 抱かされた疑問なのだが
誰もが宇宙へ自由に行けるほどの 科学力 工業力 産業力 が発達した社会で、それでも 現在そのままの形の 資本主義というものは存続できるのだろうかと

地球の重力圏から抜け出せても
高々百年超の 資本原理主義の世界観を 人類は引きずったままなのかと

作者が ヴィンランドサガ へ行った感覚がわかる
派手な戦闘ものを期待していたようなファンからすれば はっきり言って何の爽快感もないと一蹴されるような
今の農奴編を 丹念に描いていることの必然も


食うために 殺されないために 奪われないために
食えず 大切な人を 殺され 奪われ
それらへ対応するための 試行錯誤と実践の繰り返しが 人類の歴史の全てだ

人類がその歴史の中で築いてきたものには
社会として築き上げた文化文明と
魂に刻み込んできたものがあり


「殺されないためには 奪われないためには」
現段階での その究極の答えとして
先の戦争で 生み出したものの一つが 核兵器で

東西の核相互抑止の上の アメリカとの同盟という 船の中で
戦後の60余年の 箱庭のような日本の平和はあったのだ

戦争の業の只中、修羅道を歩もうとする
好戦的な状態のアメリカの下駄の雪になれといっているのではない、
日本が自前で核武装することが必要だといっているのではない


日本が新しい世界を作る必要がある

新しい世界観=物語を生み出し 世界中の人の魂を 染め上げねばならない
これまでの それぞれの世界観と人生と民族の歴史を極力否定しない形での 共存可能な物語を
それを受け入れることで 欠けていたものの補完となるような物語を
そのとき何が起きるのか、
そしてその何かを前にして各個人がどんな力を持っているかは重要ではない。

のっぴきならない事がおきている、起きるかもしれないと直感した時に
何を感じて、何を信じて、どう動くか、一体そいつが何を大切に思っているか 
チェックされているんだよ。

チェックの主体者は無意識だ。無意識とは自由な魂であり、マナと呼び換えてもいい。
無意識は群れるのが基本。グループを作り、そのグループで個人や人間集団を操作するんだ。
そして何を基準に連帯するかこそが一番重要なのだが、
どんなラーメンが好きか、どんなアーティストが好きかなどよりも
「世界の危機を前にしたとき、その人が心の奥で本当に何を大切に思っていてどんな行動をするのか」
でつながった方がより強固で安定したつながりを築けると思うだろう?

友達とはぐれて泣いている子供を見て
子どもと一緒にその友達を探そうとするのか
それとも、これ幸いと己の歪んだ欲望を満たそうとするのか。

弱いものに向かって平気で乱暴狼藉を働ける鬼畜になりたがっているのか、
平和を愛する一人のヒーローになりたがっているのか。

善悪というものが相対的になりがちな時代だが、
それでも、だからこそ極端な状況設定はその人の本質を炙り出すと思う。

そんなアンケートによる分類とルイトモ法則によって世界は既に、そしてこれから更に無意識優位になっていくとともに、
引き寄せの法則によって個々人の感じたことがそのまま実現する状態(体質?)は加速していく。

いわばOVERS・SYSTEMのひとつなんだよ。

だから何が起こるかは人それぞれ。
と言いたいところだけど、やっぱりマジョリティのグループは他のグループにも大きな影響力を持つだろうね。

更にいうと本当に注意すべきは2013〜2014年。
無意識の法則から予言というものを考えると、本当に重要なのはその予言を忘れた時なんだ。
予言を願望実現と考えた時、まず最初の手順は願いが叶った状態を徹底的にイメージすること。
これは自由な魂(=無意識)に未来の青写真を示すということだ。
そして願った後は忘れてしまうこと。記憶=無意識=魂であり、
青写真をもった魂を自身の想念の世界から解放して、その実現のための活動に当たらせるためには忘れることが重要なんだ。

俺は世界の秘密を知っている。数千年の歴史がひっくり返りかねないすごい情報だ。
2012年12月22日で世界が終わる云々のマヤ暦予言が喧しいが、
俺がこれから今年一杯かけてリークしていく予定の情報に関係していると思う。
情報の出所はフリーメイソンの方から来た人だ。
成りすましの可能性もたぶんにあるが真偽の程はこれを読む皆さんで判断して欲しい。

全ての始まり、というか
世界そのものの構造に対して自分の中で認識を大きく変えることになった時期は数年前の冬からになる。

俺はとある出来事をきっかけに、
超能力者とテレパシーで会話して、動物の怪我を気の能力で回復させ、
自分の体に別の意識を入り込ませ、諸々のアイデアが湯水のごとく湧き、
神社仏閣に住まう神仏と念によって対話し、
10年来気にかけていた同級生からテレパシーで求愛を受けた。

俺自身にとっては
突然であり 偶然であり 運命を感じる
そんな一連の出来事だったが

全てが計画だったと知るのは もっとずっと後のことだった。
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 ワタシハシリタイ all rights reserved.
プロフィール

ワタシハシリタイ

Author:ワタシハシリタイ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

知りたがりさん

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。